​高次脳機能障害とともに

≪会員の皆さまへお知らせ≫

 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から6月まで集いは休止しておりましたが、7月から集いを再開しております。直近の予定は12月13(日)です。場所は今まで通り、群馬県こころの健康センターです。ただし、参加にあたり、マスクの着用と手指消毒、体温計測等にご協力をお願いします。また、事前に検温計測をしていただき、過去2週間で37.5℃以上の熱がないこと、呼吸困難やだるさ、咳や咽頭痛などの症状がないことを参加の条件とさせていただきます。なお、12月20日のクリスマス会は中止となります。楽しみにしていた皆様には申し訳ありませんが、ご了承ください。COVID-19の感染拡大を受けて10月25日の家族交流会で皆様と相談した結果です。それ以降の予定は、会報をご覧ください。

 会員の皆さまが、安全に安心して会の活動に参加ができるようにするためにも、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

 もう1点、12月5日(土)の午後に開催される第11回ぐんま高次脳機能障害リハビリテーション講習会(オンライン研修)にも是非ともご参加ください。詳細はこちら

​2020/11/29  8:00更新

≪第11回ぐんま高次脳機能障害リハビリテーション講習会のお知らせ≫

 2020年12月5日(土)に実施予定の第11回ぐんま高次脳機能障害リハビリテーション講習会にお申し込み頂いた方は、

こちらからの特設サイトから研修会資料をダウンロードしてください。 なお、特設サイトの閲覧にはパスワードが必要になります。パスワードは事前に申し込み頂いた方のみ配信させていただく予定です。

​2020/11/30 10:00更新

NPO法人ノーサイド設立趣旨

   近年の救急医療の進歩に伴って、脳が損傷される怪我や病気を負っても救命率が上がったことは喜ばしい事です。しかし、その後に残る高次脳機能障害はあまり知られていないことが多く、そのリハビリテーションや支援体制は十分に整備されているとは言えない状況です。その様な中で、当事者や家族は、適切な情報を得る事も出来ず、退院後の通所場所もままならない状況がありました。また、医療現場の専門スタッフさえも情報を得る機会が少ない状況がありました。

 このような状況の下、私たちは高次脳機能障害について県民に対し啓発活動を行い、当事者が適切な医療・リハビリ・福祉サービスを受ける事ができ、当事者が望む、生きがいのある生活を送ることが出来る社会の実現に向け、また当事者を支える家族も同様に適切な支援を受けながら生活継続できるための社会実現に向け、NPO法人ノーサイドを設立しました。私達は、障害種別・障害の有無に関わらず、生きがいのある人生を自ら選び送ることができる社会を目指し、群馬県内の高次脳機能障害に関する当事者・家族・支援者の会として活動していきます。

会の概要についてご紹介します。

高次脳機能障害の各症状に

ついて簡単にご紹介します。

我々の最近の活動や会報に

ついてご紹介します。

専門家や支援者向けのメッセージです。

© 2020 by NPO法人ノーサイド. Proudly created with Wix.com

電話相談:

080-3419-6233

受付時間 第1・3水曜日 10:00~16:00

事務局住所: 

〒371-0031

群馬県前橋市下小出町1丁目22-3